toggle

鶴川さんの口が悪い理由-奈良県下市町で果樹農家後継者を募集します-鶴川農園

<はじめに。>

このところ、仕事の“見た目”ばっかりが重視されている気がするんだな。「働きかた改革」はその最たるもので。

給与とか、かっこいい職場かとか、上司は笑顔かとか。そういう見た目は大事だけれども。

見た目にばかりとらわれていたら、僕らはいつまでも子どものまま。そんな気がするよ。背景に耳を澄ませるとか、思いを馳せる力があると、楽しいとおもえる機会が増えるとおもうんだよな。すくなくとも、ぼくは、そう。

今回は「アホ」「ボケ」「カス」が口ぐせの鶴川農園さんの求人募集です。

(写真と文 大越元)

<鶴川さんは口が悪い>

奈良県下市町で柿と梨農家を家族で営む鶴川さん。

二十歳で農業をはじめ、大根やトマトなど様々な農作物を栽培。現在は柿2町4反(富有柿/刀根早生柿)と梨1町3反(豊水/幸水/愛宕)を育てている。鶴川さんのもとで果樹農家の経験を積み、いずれは後を継ぐ人を探しています。

ほんとうに厳しくて、ほんとうに親身な人。そして、きっとほんとうにおいしい果樹をつくる人。きっとというのは、はじめてお会いしたのが2018年の1月。まだ食べられていないからです。

<条件この上ありません>

近鉄の下市駅から車でたった5分。


畑は、農家仲間からも羨ましがられる好条件。日がよく降り注ぎ、西風を受けず、地質よし。

40年間をかけて、見つけたここの「適地適作」。


今日の天気、作業、アルバイトに来てもらった人、夫婦げんかをした日。毎日日記を書いている。

果樹は、技術書通りに書いても成らない。当然だ。全部土も風も違うんだから。失敗の上に見つけた技術を、人に継いでほしい。

<ハンパなく厳しい>

ただし、鶴川さんはむちゃくちゃ厳しい。これまで応募して来た人もいるけれど、ほとんどがやめていったそう。

「わたしは口空いたら『アホかー』『ボケ!』もう口グセ。鶴川が口悪いのは、地元じゃ有名で」

口が悪いのはこまるけれどね、鶴川さんが厳しいのにはきちんと理由がある。

それぐらいじゃないと、果樹の生理を見て、時期に適した手入れを行い、完璧な果実をお客さんへ届けることはできないから。


4月27日に梨畑を訪ねた。昨年よりも10日早く摘蕾(てきらい:つぼみを間引く)がはじまろうとしていた。鶴川さんが日々つける日記は、天候不順にも有効。

鶴川さんは、今から24年前に梨の栽培をはじめた。祖父の代から柿は育ててきたけれど、梨は全くの未経験。ある年に、4反の梨(実れば豊水45,000個!)を黒星病で全滅させてしまった。「技術も見る目もなかったんだね」。その年は病気の出た枝を切り落とし、一本一本拾い上げ、ユンボで土を掘り返して埋めた。その後、5年間にわたり、病気の影響が出た。「その時が転機。自分の頭の中だけで、ウンウン唸っててもしょうがない。もっと勉強しよう。全国の産地から、消毒方法の資料を取り寄せて。剪定の方法は、幸水の産地である徳島県で、ろっ骨剪定を学ばせてもらったんだ」


二股に枝を分けるろっ骨剪定。手入れ・収穫と作業性に優れている。作業性が悪ければ、夏や冬に余計に畑へ出る時間が増えてしまう。疲れてしまえば、ケガの危険性も増す。だからとにかく「ムリしないこと」。それが、よい果樹農家の条件である。

「かならず壁に当たる時が来る。かならず、右往左往する。その時、越えられる気持ちと考える頭がないと、折れてしまうんだよ。だからな、こんなおっさんごときに、折れてほしくない。その大変さを上回るぐらいに農業ってな、楽しい。楽しいから」

<経験問いません>

経験は問わないし、むしろないほうがいい。いや、できの悪くてどうしようもないぐらいがいい。

「今できなくていい。わたしもアホ、とかたくさん言ってしまうと思う。身につけていこうとする気持ちがある人。あのな、わたしに言われたことをやるのは当たり前。それじゃ技術も考える力も蓄積されない。本気で農業やりたいって。本気で農業やるってどういう状態か。まずはそれを知ることから。とにかく聞いてくれ。口は減らないんだから、なんでもいいから」


「この子は、(この子いうのも変かもしれないけどな)わたしはこの子構われへん。親次第や。そこに手を課すねん。水をやって見たり。だから健全な親には健全な子供が育つねん」。鶴川さん、めっちゃ口が悪くて、めっちゃ優しい人だよ。


「ここ、気持ちええよなぁ」鶴川さんと腰掛けておしゃべりしていた。東吉野村の高見山、吉野町の吉野山、天川村の弥山、御所の金剛山が見える。「気持ちええ畑では、気持ちええ果実ができるのよ」。

「この梨は今24歳。人間と同じだよ。これからが一番いい時期」「でもわたしは続けられてあと10年だから」「この子らを、ちゃんと実らせてくれ」

名前

年齢

性別

住所

メールアドレス (必ず記入をお願いします)

電話番号 (必ず記入をお願いします)

問い合わせ内容・自己紹介