• HOME
  • Kii
  • 遊ぶ
  • 「川でつながる和歌山と奈良」Guesthouse RICOがHANAREへ

「川でつながる和歌山と奈良」Guesthouse RICOがHANAREへ

2019年8月に始まるふるさとワーホリin奈良県川上村。初めての試みだからこそ、参加者にとってはイメージのわかないことが多々あるでしょう。そこで、連載コラムとして川上村を紹介していくことにしました。

今回は、和歌山市にあるGuesthouse RICOを営む橘麻里さんと宮原崇さんが、川上村へ。川上村での滞在の様子を紹介します。

和歌山市にあるGuesthouse RICOを営む橘麻里さんと宮原崇さんが、奈良県吉野郡へ。京奈和自動車道で五條市へ。そこから吉野川の上流へ上流へと向かい、案内したのは川上村にある1日1組限定の「HANARE」でした。

時計は17時。迎えたのは、「HANARE」オーナーの横堀さん。

どうぞ、と横堀さんが出してくれたのは、お菓子とニンジン。お菓子は、川上村に週末移住をした方からのいただきもの。「ピザ窯のつくり方を教えてほしい」と相談があったそうで。ニンジンはぬか漬け。マイブームなのだそう。

お茶をしていると・・・「夕飯食べていきません?」の誘い。聞けば、最近村内の人から「サムゲタンの作り方」を教わったのだとか。

カマドでお米を炊く

カマドでお米を炊くのは、二人にとって初めての経験。横堀さんが、薪(まき)の割り方一つから教えていきます。

横堀:時間にすると30分で炊き上がります。最初は強火で、煙が出てきたら中火にして…

橘:どうやって火力を調整するの?

横堀:薪の量です。音が「ゴボゴボからチリチリ」に変わったら、すぐ火を消します。音と香りで判断してもらいます。

橘:いいね、焚き火って。見ていても飽きない。ここで昔なんか燃やしてたのかなあ。

紀ノ川のこと

川上村のメンバーは、2017年ごろから和歌山市を行き来していました。きっかけは「紀ノ川じるし」プロジェクト。

 

 

 

 

 

 

 

 

橘:おととしかな、Guesthouse RICOへ来てもらいましたね。

横堀:ここは、山に囲まれているでしょう。夕焼けが見たくなると京奈和自動車道に乗って、和歌山へ行くんです。

橘:まだこの子が小さかったの、覚えてる(笑)。

横堀:「やまいき市」という企画があります。そこで、わたしたちは和歌浦のしらす屋さんとか、雑賀崎の干物屋さんに毎週仕入れに行くんです。今日使っているお米も紀ノ川流域の五條市産。行き道は「空っぽ」なので、こちらからも、何か持っていけたらいいなと思っています。

橘:和歌山からも食材を持ち寄って、食事できたらいいな。この火で、秋刀魚焼いたら美味しそう。

ほんと人いないね

 

 

 

 

 

 

 

 

Guesthouse RICOとHANARE。場所は違うけれども共通点も見えてきました。

横堀:海外からのゲストは、どれぐらいの比率ですか?

橘:50%。海外と一まとめにはできないですよね。「ほんと人いないね」と聞くことがあります。国自体がどんどん成長しているアジアの人は「閉店しているお店や、取り壊されている空き家」に目がいくみたい。ちょっと寂しいというニュアンスで話します。一方、ヨーロッパの人は「グーッ」みたいな、「コレコレ」みたいな(笑)、賑やかな東京・大阪を経て、熊野古道へ向かう前に一息つきに訪れます。

横堀:ここも同じです。

橘:それから、近所のことにおのずと目がいくようになる。毎日家の前の3メートル四方を(笑)、定規で線を引いたようにピシーッと掃除するおばあちゃんがいるんですが、数日その姿が見えなくなって、大丈夫かなと心配したりして。

エリックさんが見た、川上村

 

 

 

 

 

 

 

 

マタレーゼ・エリック ジェームスさんは、アメリカから岐阜、京都を経て川上村へ。2016年に地域おこし協力隊として活動開始。「携帯電話やコンビニエンスの陰に隠れて忘れられていく文化にフォーカス(本人談)」して村を紹介している。2019年3月に任期満了後も、川上村で暮らす。

横堀:HANAREを始めることになったけれど、1人でゲストハウスは心細いなと思って。ニッシーが来て、やがて彼と結婚することになって。披露宴にエリックさんが来てくれたんです。

エリックさん:当時は京都に住んでいました。仕事は楽しかったけれど、隣に住んでいる人を知らなかったり、地域の祭りに参加するチャンスがなくて。ここの披露宴は地元の人が料理を持ってきたり、みんなで歌ったり、トランプを投げてキュウリを切る人がいたり(笑)、いい村だな。好印象があって。

その後、「川上で働いてみないか?」と地域おこし協力隊に誘われて。じゃあ来てみよう、と。

その日は、川上村の人たちはみんな「はじめまして」だったけれど・・・披露宴の日に撮影した集合写真を1年後に見返したら、みんな知り合いになっていて(笑)。ここに来て、いろんな人を知りました。

やがて夜が更けていき、この日は解散です。ふるさとワーホリin奈良川上村では、きっとこんな風に参加者たちと過ごす時間もあります。

 

ふるさとワーホリin奈良県川上村

やまいき市では、RICOがある和歌山市へ仕入れに行くこともあります。川上村での「働く」と「暮らす」を通して、自分の肩書きに出会ってみませんか?

応募・問い合わせ

ふるさとワーホリin奈良県川上村はこちらから

関連記事一覧