toggle

人口3万人の地方都市だから、見られる夢がある-和歌山の高校生に伝えたいこと-/桒木千乃/アスカフューネラルサプライ/和歌山県新宮市

image001

毎年約300人が卒業する新宮高校。卒業生の大半が新宮を出ていく。桒木千乃(くわき ゆきの)さんは同級生にたずねてみた。「なんで外、出ていくん?」

医療事務の仕事を目指していた桒木さんは、新宮で仕事をつくりたいと考えはじめている。

高校生のみなさんにも、すでに社会人のあなたにも読んでほしいです。

よろしくお願いします。桒木さんは新宮生まれ?

そうです。2週間前の5月1日にアスカへ入社したばかりです。

アスカで働きはじめたきっかけ、聞かせてください。

高校のときは、看護師になりたかったんですけど。ちょっとつまづくことがあって、夢半ばであきらめたまま卒業しました。4月からは、市内のイタリアンレストランでアルバイトをしながら、ユーキャンで医療事務の資格を取ろうと思っていたんです。

アルバイト先に、代表の田中さんがお客さんとして見えて。接客する中で、一度話を聞きに行くことになったんです。

新宮市内でおろうと思っていたんです。そんなとき、田中さんが「うちおいでよ」って言ってくれたんで。ある種すくわれたというか、助けていただいた。

もともと葬儀の仕事を考えていたんですか?

最初声をかけていただいたときに「アスカはサービス業だよ」「アスカを、サービス業のアップル社にしたいんや」と。お客さんに接する上で、大切にしていることを聞いて。業種よりも、サービスに対する姿勢に共感をしたんです。

田中さんは人よりちょっとアツめで(笑)。色々考えた上で、ついていきたいな。わたしもがんばろうと思って。

もしも、田中さんが別の業種だったらどうでした?たとえば、ウェディングの会社を経営していたら。

ウェディングに行っていたと思います。

田中)(ふらりと現れて)アップルって、だまされたんだよね(笑)。

合ってましたよ(笑)。

桒木さんは今、どんな仕事をしていますか?

先輩について、葬儀場での流れを学ばせてもらっています。まだ全然、日々勉強です、はい。

田中さんからは「2年後に一人で葬儀を任せられるよう、しっかり勉強してほしい」と言ってもらいました。

Facebookの記事投稿も手がけているんですよね?

はい。家族葬ホールで開いたフラワーアレンジメント教室のレポート、市内の建設会社さんとの合同社員研修、5月にできたばかりの新社屋紹介。“アスカの日常”をテーマに、紹介しています。

 image007

「葬儀以外に、こんなこともやってるんだ」って新鮮でした。

あ、ほんとですか!ありがとうございます。そのことを伝えられたらと思っているんです。

まだまだ言葉が足りなかったり、勉強不足な面もあるんですけれど。田中さんに「今、新人だから書ける視点をがいいんじゃない」と言ってもらいました。

今後、仕事で取り組みたいことはありますか?

違う業種の事業者さんとも協力して、何かできたら素敵やなぁ。アスカの名前をもっと広げていけたら。葬儀業の枠をこえて。

葬儀の枠をこえて。

全国を見渡すと、カフェを運営されている葬儀社さんもあります。『負けてられないな』とつよく感じるので。ちゃんと利益を出しつづけられる形でつくっていけたら。

チームワークのあるサービス業が素敵やなと思うんです。誰か一人が率先するより、会社のみんなで形にしていけたら。社内の雰囲気は、お客さんにも伝わると思うんです。日ごろから自然体でサポートし合える仲間、関係。

お客さんに対しても、はたらく仲間に対しても、人に何かを“してあげる”というより、気づいたら誰かを“支えたい”と思ってる。これからはたらく人も、そうやったらいいな。

image009

<新宮のこと>

まちのことも、聞かせてください。桒木さんにとって、新宮はどんなまち?

18年住んでいますけど、まだ知らないことのほうが多いんです。それを知りたくて「おろう」と思ったのもある。

わたしらの実家があるとこは、お隣さんにおそうざい分けて持っていって、お返しを倍ぐらいもらったりして(笑)。近隣の人とのコミュニケーションが、ふだんからある。新宮はまちがコンパクトにつまっています。近くに商店街もあるし、生活は歩きで足りる“まちなか”なんですけどね。

image011

田中)(ふたたびふらりと現れて)いやなところは?

ふだんの生活はいいんですけど、大阪や名古屋へ行くときの移動ツールがぜんぜん、まだまだ。大阪までは電車で4時間。その時間をもっとうまく使えたらいいのにな、と思いますね。

「大阪・名古屋へ行きたい」とは思わなかった?

最初は思ってました、高校2年生ぐらいまでは。でも、自分のふるさとも知らんのに、外出てもいいとこ見れんかなと思ったんです。まずここを知ってみたい。

image011

社屋から見える神倉山。毎年2月6日には、御燈祭が行われる。

紀南には大学がないこともあって、高校を卒業すると大半が外に出ていくんです。同級生に「なんで外、出ていくん?」聞いたんです。ほとんどが「いや、ここ、なんもないやん」という答えやった。

逆に、都会から来た人の中には、「宝の山やん」とすごく楽しそうな人もいます。なんもないということはないと思うんです。

逆に質問ですけど、大越さんは東京から来て、どうですか?

これが僕のふるさとです。

image015

東京の新宿というところ。ここに「なんでもある」かはわからないんですけど。18歳のときは、出たくてしかたがなかったです。今は、どこにいるかよりも、自分がどう過ごしているかだと思う。都会に行ったからみんな何か見つけたり、楽しんでいるとも限らなくて。

わたしは、自分の住んどるまちを理解してから、外に目を向ける道もあると思うんです。田中さんが、「卒業して新宮ではたらく道もいいじゃん」と話していて。

葬儀業界って、全国にヨコのつながりがあるんです。毎年、仙台や沖縄で勉強会も行われます。田中さんが「仕事を通して、色んな世界を見てほしい」「自分でキップ買って、電車乗って、西新宿のビルにたどり着くのも一つの勉強だよ」と話してくれて。

そうだなぁ。

image017
奥に見えるのが田中社長。

この先、アスカフューネラルはどこを目指していくんだろう。

田中さんがよく「まち(新宮市)に頼られる企業になりたいね」と言うんです。

頼るんじゃなくて。

そうです。生活に足りないものや、まちあったらいいものをただお願いするんじゃなくて、まちと一緒につくっていく。2階の窓から見える新宮の風景が、ちょっとさびしくて。「カフェはじめようか」って田中さんと話していたんです。

image019

ここにも、きっと夢はある。

同級生や、後輩たちにも伝えたいです。「あるから大丈夫だよ」って。

考えてみれば、今の新宮も、色んな人の仕事でつくられてきたんですよね。話を聞かせてもらい、どうありがとうございます。

こちらこそありがとうございます。ごゆっくりしていってくださいね。

contactnewnewnew

<アスカの人>

tanaka oya

(聞き手・写真と文:大越元)