toggle

気持ちのよい果樹農家-奈良・日本一の柿産地で農家を募集-平井農園/奈良県五條市・西吉野町

image001

「5、6年かけて募集してこうかと話しててん」

平井満男(みつお)さんの言葉を聞いて思わず「ずいぶん気の長い話ですね」と返した。

image003

「果樹は、100年生きるからね。今年お客さんに届けた柿の中には、おじいさんや親父が植えたものもあるんだ」

2011年に満男さんは、親戚のおじさんが“ようせんくなった”畑を引き継いだ。そして、柿の苗木を植えた。

「この畑は日照りがよくて、水はけもいい。果樹にも“旬”があります。2037年、この木には西吉野でも一番といえるぐらいの、むっちゃいい富有柿(ふゆうがき)ができるんちゃうか。その最高のときに『柿、梨好きや』っていう子にゆずりたいんや」
*ありがとうございます。こちらの求人は、現在お見合い期間がはじまっています。

contact-hirai 

<梨畑で平井満男さんと話す>

_DSC8476

1962年、西吉野町・平沼田集落に平井満男さんは生まれた。18歳で農業大学校へ。卒業して間をおかず、果樹農家になった。

今はどれくらいの畑があるんですか? 

現在は柿が8ha(ヘクタール)、梨畑が40a(アール)です。

後継者がいないんですよ。ぼくに。子どもはおるんですけど、誰もせえへんさかいに。パートナーの久美ちゃんとも話してんけど「田畑とか空き家とか、家族で抱えこむのやめよ」って。ほんまに必要な、好きな人がやったらええ。そうして、はじめておいしい柿ができて、食べたい人に届けられるから。

だから今回出会いたいのは、従業員というよりか、一緒にやっていけるパートナーなんです。

<西吉野のこと>

西吉野、どんなところですか。

山の斜面を切り拓いた柿畑の中に、ポツポツ民家がある。これが西吉野の風景です。

image009
奈良まで1時間半、大阪・和歌山まで1時間。空を見て満男さん。「ここ、関空の旋回場なんや。一服してる飛行機見ると、旅に出たくなる。世界一周したいんや」

俺な、55年ずっーと考えてん。

「はじめにここへ住みついた人って、どんなこと考えてたんやろ?」。

山切り拓いて、川の石運んで、家畑建てたわけやんか。“ここ”に。不思議で、不思議でな。

ここはね、面白いことにみかんもりんごもなる土地なんです。

昔の人はみかん、百合根、薬草、カイコもやったみたいで。

果樹盛んになったのは、ここ100年ぐらい。奈良県に農業のイメージがないかもしれんけど、だいたいの果物できる気候なんですわ。柿、梨、モモ、キウイフルーツ、ぶどう、梅、すもも、りんご。おいしい果物ができる環境なんやね。

最近TVでも「野菜や果物をおいしくする秘訣は、朝晩の気温差です」というやん?あれはな、昼間葉っぱが光合成した栄養を、気温の下がる夜、実にためるから。ここらは秋の深まりが早い分、果実に甘味がたまるねん。

-なかでも、西吉野は柿の生産が日本一。

柿農家の大きな団体としては、JAの生産者部会があって。毎年秋から冬にかけての選別出荷時には、パートさん220人はたらいて。年間30億円ぐらいの売り上げになります。子どもを大学にやれるから、畑を継ぐ子もおるんです。最年少は、18歳かな。

-若い人もいるんですね。

おるよ。「柿に続く名産品をつくろう」いうて、スモモの栽培をがんばっとる。LINEで情報から冗談から、よう交換しとるわ。

見てみよか。ええと。

image011

「車買うた」「和歌山市のぶらくり丁で飲んできた」「結婚した」。

すもも出てこんな。待ってよ・・・

あったあった。

image013

「うちの苗はこれぐらいになったで〜」とか「道具貸してくれる人おれへん」とか。みんな情報交換しとんねん。

これからうち来る人も、出ていったら色々教えてくれると思うよ。

<どうして果物はなるの?>

この梨畑はね、買い足したんですわ。

家を買うみたく、35年ローン組んで。住宅と同じように、35年ローンを組むんです。

image015

僕が20歳のときに植えたから、この子らは、今35歳や。今が一番ええときかな。

ねぇ。果樹って僕らよりずっと長生きするんです。人が手を入れることで、ゆうに100年は生きる。面白いですよ、面白い。

-野菜農家との違いはありますか?

同じ農家でも、考えかたは全然違うと思います。野菜農家やったら、いい土つくって、1年生のボディ自体を食べるわけやん。果樹はボディ(木)ではなく、実を収穫します。

果樹農家の仕事は、果樹の習性を利用さしてもうて、健康やけども元気すぎない、ちょうどいい樹勢を維持していこと。

-ちょうどいい樹勢。

こんな失敗談があります。

農家なりたての頃、どうやったらおいしい果物できるかな思ってな。肥料屋さん行ったんや。「この肥料使ってみ」「ええカニガラ入ったで」「カイコの粉は?」まぁ色々、試してん。ほなな、木は元気なったよ。けど、実はマズなってん(笑)。

どうして?

「木がほしいものをあげる」ことをせなあかんのやな。ぼくらは、果樹を育てもつくりもしません。お世話をさせてもうてるんです。

今は5月。これからぐんぐん、実が育っていきますよ。

image019

そもそもね、どうして果物ってなるんでしょう?

・・・子どもを残そうとするから?

そうです。植物って人間と違うて、子孫を残すのが最優先なんです。光合成してできた栄養は、真っ先に種へ送るんやって。自分のボディは後回し。脳みそのある場所わからへんけど、考えとんのや。この子らも。ほんま、一生懸命生きとんねん。

image021

-どんな人とはたらきたいですか。

繊細な人ですね。農業の経験?別にそんなん。まずは「楽しそう」と思うかどうか、ちゃう?

あたらしい枝の伸びかたは、葉っぱの色と形はどうか。悪い虫ついてないか。梅雨時には風邪をひきはじめてないか。そして、どうやったらほんとうにおいしい実がなる?

木を見て、生理を推測していく。ぼく自身、いつからか、そういうのが楽しくなってたんだよ。

image023
平井農園の足元はふさふさしている。「雑草は夏場、保湿の役割をはたしてくれる。たい肥を吸って、やがて枯れて、秋はふかふかのじゅうたんになってね。梨や柿の肥やしになってくれるわけ」

<農家になるには>

-今日話してくれたこと、はじめから知っていたんですか?

知らん知らん(笑)。農業大学校でも教えてくれへんかった。ようやく最近かな、わかってきたの。農家って毎年同じこと繰り返してるようでな、実は毎年、自然相手に試しとんねん。面白いで。

「朝早くて大変そうやな」とか「汗だくやん」とか思うかもしれん。もちろんセカセカして、ワーッとなることもあるよ。今日は涼しいうちに消毒すませたかったから。4時起き。眠い(笑)。でも、人に命令されとるわけではないんです。

僕らの一番うれしいのは、自分が信じるものつくって、お客さんに買うてもうて、それが、声にも、お金にもなって返ってくること。

収穫した果物は、その年の通信簿です。

_DSC8699
満男さんが大事に持っているお客さんからの手紙

「今年のはええなぁ」。お客さんに喜んでもらえたら最高やん。

何十年の付き合い、親子三代で買うてくれてる方もおるからね。天候イマイチで、まあまあの出来やったな思う年には「おいしなかったなぁ」。超ダイレクトに言うてくれるんでね。

もうそれが楽しいて。

楽しい?

人間、いいこと言われてばっかじゃアカンと思ってて。

あんな、果樹が最高においしい実をつけるのは、いのちの危機を感じたときやねん。「あれ、自分このままじゃ枯れるんちゃう?」って。おいしい実ならせて、鳥とか野生動物に食べてもうて、違うとこへ種子を広げてもらうんや。

人間も同じやない?

毎日畑で五感はたらかして、一生懸命おいしいもんつくって、ほんでおいしいもの食べて。

シンプルやけど、ええんちゃう?

image025
取材4日めの朝食。庭の花に、“上のおばあちゃん”が届けてくれた玉ねぎ、キャベツ。

人間、同じ時間生きるわけやん。みけんにしわ寄せたって、クーッとしんどい思いしたって、そんな効率上がらへん。なら、笑ったほうがええやん。

<最後に>

まずは一緒に畑出てみましょう。こうせなあかん、ということもないし、だんだんやっていけばいいと思う。そのうち、休日なのにふと「畑どないなってるかな」思ったりしてな。

ぼくらも「あと20回、世話さしてもらえたらありがたいな」と思ってるやんか。その続きを見たくなったら、ぼくはよろこんで譲りたい。きっと、今からつくっていくことやんね・・・うん。一緒にはじめてみません?

さて。そろそろ手ぇ動かそか。

実はな、うちの仕事めっちゃ遅れとんのや。もう全然終わってない・・・(なぜか大笑いがはじまる)

image027

大丈夫なんすか(笑)?

まぁ、毎年のことよ!

contact-hirai

<募集要項>

柿と梨の平井農園
募集職種 果樹農家見習い
雇用形態 まずはアルバイトからになります
給与 長いお付き合いになると思いますので、最長1年間の“見合い期間”を設けます。
見合い期間の時給:850円
給与例:149,600円/月(6,800円×22日)
・通いがむずかしく、車、住まいなどの必要がある方は平井農園に相談ください。
福利厚生 昇給あり 労災保険あり
仕事内容 果樹農家の仕事全般
梨:摘蕾(間引き作業)・袋かけ・収穫・出荷作業など
すもも:摘果(間引き作業)・収穫・出荷作業など
柿:摘蕾・摘果・収穫・出荷作業など
勤務地 奈良県五條市西吉野町を中心に各品種圃場へ
勤務時間 8:00〜17:00(休憩12:00〜13:00 午前午後に各小休憩あり)
サマータイムを検討中
休日休暇 週1〜2日 雨天時は休みのこともあります。その他相談に応じます。
応募資格 経験、学歴問いません。
採用予定人数 最大3名
応募の流れ まずは下記よりご応募・問合せください

書類選考

面接

採用(見合い期間)
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します
・まずは、一緒にはたらいてみませんか
従業員数 3名 *シーズンワーカーが最大7人います

<周辺の記事>