toggle

「登山、トレイルラン、サッカー、テニス、ゴルフ、釣り、アウトドアを遊びつくせっ」/下北山村スポーツ公園/奈良県下北山村

奈良県に、スポーツから修験道まで、とにかく自然を遊びたおせる場所がある。それが下北山村。

かつて修行の道とされた大峯奥駈道は、トレイルランニングのコースとして。またダムの園庭として誕生した19ha(ヘクタール)の平地には、人工芝のサッカースタジアム、テニスコート、そして池の平公園には9ホールのゴルフ場。バス釣りと渓流釣りをきっかけに、村へやってきた人もいる。

「スポーツ系の学生さんに来てほしいです。たとえばゴルフ。朝は日の出の涼しい時間からグリーンの刈り込みして、日中は自分たちがプレー。夕方から日が沈むまで草刈りして」

image001

この夏、アルバイトをしつつ、下北山スポーツ公園で遊びたおす学生さんを募集します。ジャンルは登山、トレイルランニング、サッカー、テニス、ゴルフ、釣り。

仕事は平日の4日間が目安。寮の定員があるため、対応しきれない場合もありますが、まずは読んでみてください。

<奥大和トライアルステイ>

週の4日間は、施設維持のアルバイトと好きなスポーツに明け暮れる。のこりの週3日は、村に遊び住んでみる。そんな夏はどうですか?

<下北山村スポーツ公園を訪ねる>

892人が暮らす下北山村は、海なし県奈良にあって、もっとも海へのアクセスが近いところ。三重県・熊野市へは車で40分。

_DSC0029_DSC9890

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)が走り、かつては、修験道の行者が行き交ったところ。昭和30年代にアーチ型としては国内最大の池原ダムがつくられると、かつての一級河川はせきとめられ細長い平地に。

「この山間地で19haというのはすごい魅力やった。若いひとたちが集まってくる場にしようと、スポーツのメッカをつくったんです」

image027

その土地を、活用しようと誕生したのが下北山村スポーツ公園でした。

「東大阪市とパートナーになったり、奈良市街、名古屋からくりかえし若いひとが来る。そんなO(おー)ターンを目指したんです」

なかでもサッカーとバス釣りは全国区に。

サッカーでは、故・中瀬古宣夫さんの存在が大きい。地場のサッカーチーム「高田FC」の監督に就任すると、ドリブルを起点にしたサッカーでたちまち全国出場を果たす。高田FCとの対戦を望んで、また中瀬古さんの指導を求めて、全国から小中高生が集まってきた。教え子の中には、プロリーグで活躍する選手も大勢輩出。

そして、バス釣り。

「下北山村には、前鬼ブルーとよばれる極めて透明度の高い川、不動七重(ふどうななえ)の滝、石ヤ塔… 自然の見どころは色々あるんです。けれども、それだけではなかなか若いひとが訪れない」

「そのころ、ちょうど下北山村では観光の目玉を探していて。害魚のブラックバスを益魚に利用させていただこうと思ったんですわ。40年前は、ブラックバスがまだ一般的に知れ渡っている時代ではなくてね。辻調理師専門学校の方をまねいて料理をつくってもらったり、フロリダからバスを輸入したり。全国的にも有名になったことで、村内にはバスボートをおろす事業所が出てきて。村ではじめたことが少しずつ産業になったんです」

image005image007

<週4日の仕事体験>

今回は、ファミリー客を中心に、学生の合宿でにぎわう夏休みに受入れを行う。ファミリー客を中心に、学生の合宿でも多く訪れるという。基本となる仕事は、宿泊施設の清掃。

image029

「バンガローをあわせたら40棟ありますからね。そこがいっぱいになるので、シーツを変えて、掃き掃除、拭き掃除をして。仕事の範囲が広いんですわ。温泉の風呂掃除、レストラン、人と話すのが好きな人やったらフロントでの受付、貸出業務… 色々あるんで、飽きはしないと思うんですわ」

image035image037image039image041

「それから登山、トレイルランニング、サッカー、テニス、ゴルフ、ゴルフ場、があるんですけどね。学生のサークルで使えないかと考えとるんですわ」 

訪ねたのは、池野平のゴルフ場。ここでは職員の北谷さんに出会いました。

image003

「もともと和歌山市内の人間なんですね。バス釣りでこちらには来ていて。前の仕事で怪我して仕事ができなくなって、募集ないかなと、知り合いがスポーツ公園募集あるで、と。楽しいんですよ。帰ってくれば時間がゆっくりですし、落ち着けてね」

どんな仕事があるんですか?

「ラフだったら週1回、梅雨開けたら週2回になるんで。グリーンはほぼ毎日で。これだけでもう、えらいです。9ホール、グリーンの刈り込みだけで2時間半です。それから庭木の剪定をして、夜は温泉手伝ったり」

「たとえば朝は5時から8時半まで仕事をして、日中はゴルフしたり、川行ったりして。夕方はまた16:00から日没まで仕事をする。できることたくさんなんで、営業中はびっちりはたらいてもらいますけどね(笑)。そんな人たちがおったらありがたいですね」

続けて勝平さん。

「土日はお客さんも訪れますからね。その間はゴルフの他にも、テニス、サッカー、釣り、トレイルランニング、登山、行者修行。色んな遊び方があります」

もちろん、ゴルフ以外のスポーツをしたい人も大歓迎。

2日間、村の人を訪ね歩くと、その他にも遊びは色々ありました。川遊び。釣りの合間、水たまりでひょっこり泳ぐイモリ。川べりで飲むコーヒー。夜は星座の名前をあてっこ。農家さんと友だちになったり、熊野古道歩きにトライしてみる。なにもないようで、色んな遊び方があります。

すこしふんわりとした募集ですが、「こういうことできない?」と思ったらまよわず問い合わせを!

スポーツ公園を、下北山村を遊びたおしませんか。

 

<募集要項>

下北山スポーツ公園-きなりの郷
奥大和トライアルステイは、奥大和移住定住連携協議会による事業です。
謝金 一日6,400円保障(お盆期間中割増あり) 週4日勤務:月額約100,000円
期間 7/1〜8/31原則1週間から(期間に合わないけれど試してみたい方は問い合わせください)
生活環境 寮0円/月 食事3食付き(無料)
・キッチンで自炊可能です
・寮について:各個室にベッドと机あり
・キッチンと風呂とトイレは共用です
・現地までの交通費上限5,000円支給
_DSC9502
_DSC9508_DSC9512
仕事体験内容 ①客室清掃②レストラン・喫茶の調理業務③ゴルフ場の維持管理など
住所 奈良県吉野郡下北山村上池原1026
時間 1日8時間
その他 仕事体験は週4日以上必要となります。
応募資格 経験、学歴は問いません。 18〜50歳の方
募集予定人数 最大6名
従業員数 40名。うちパート・アルバイトは6名
応募の流れ まずは下記より応募・問合せください

奥大和移住・交流推進室の担当者より折返し電話させていただきます!(参加日程の確認などについてです)
移動手段 車があると移動が容易になります。集まった人同士でカーシェアなども可。駐車場はあります。レンタカーについては、主要駅での借入が可能です。ご相談ください。

<下北山村で出会った人>